取得までに必要な事

スーツ姿の女性

行政書士は毎年多くの人が受験するメジャー資格の1つです。行政書士は法律系資格の1つで、司法書士や弁護士といった難関資格と比べるとまだ一般の人ががんばって合格出来る難易度となっています。しかし合格率が8%程度なので難関資格であることは間違いありません。特にはじめて法律の勉強をする人にとってははじめ専門用語などとっつきにくい部分があります。宅建などで法律の勉強をかじった人であれば勉強の導入がまだスムーズとなるため、宅建試験合格後に次のステップとして行政書士を目指す人も少なくありません。勉強方法としては独学、通信講座を利用する、資格予備校に通学する方法があります。はじめて法律の勉強をする人であれば独学は避けた方が無難です。

行政書士を勉強する時に法律用語にアレルギーを感じたりなかなか思うように勉強が進まない人は通信講座や資格予備校を利用することをお勧めします。市販の参考書やテキストでも分かり易く解説されていますが、それでもわからないところは出てきます。そんな時質問出来る人が入れば良いのですが、通信講座や資格予備校であればそれが可能です。最新の試験の動向や法律改正についての情報も入ってくるので安心ですし、何より周りに同じ志の人がいるため長い期間の勉強のモチベーションを保ちやすいのがメリットです。一人で勉強を続けるには強い志が必要で、自信のない人は資格予備校を利用することをお勧めします。お金はたしかにかかりますがより確実な合格に近づけます。